読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ_poke

日記とポケモン

映画鑑賞の立ち回り

日記

エロゲ小説ライトノベルとフィクション大好きな僕は冬夏秋冬と計4回映画鑑賞をしました。

 

そのうち去年の冬は前ブログで、夏秋の2回は親しい人が個々の映画の感想を文字に起こしてくれているので、今回僕は映画観るたびに思う事を綴ろうと思います。

 

僕が映画を観るたびに思うこと…それは映画見た後何言えばいいかわからないことです。僕もオタク故、好きなところより嫌いなところに目がいってしまうので

「(あそこのシーン、ぶっちゃけ良くなかったけどこれは言っていいのか?…)」「(めっちゃ言いたいことある…!! けど映画館から出る僅かな時間で語りきれるか…?)」 とパニックを起こし因幡めぐるになってしまいます。

f:id:mdtkus:20170129161946j:image

 

そこで今回は僕が洋画のスタッフロール5分前後で映画鑑賞後の立ち回りについて、環境考察した結果、単体性能が高く相手の行動を縛りやすいかつ、、他の行動に比べて危険が少なく無難に立ち回れるだろう5つの行動をまとめました。

 

1 思った通りの感想を言う

最も一般的な立ち回り。どのジャンルの映画にも有利が取れ、汎用性が非常に高いです。

しかし大きな欠点が、僕のようなキモ=オタクが感想を述べようとすると

君の名は。リア充には人気ですけど僕にとってはそんなに評価高くないですね…(クチャクチャ)(早口)(プーマの筆箱)(俊足)(コーナーで差をつけろ)

このように映画語っちゃうイキりオタクになりがちです。やはり親しき仲での映画鑑賞やアニメの総集編、また映画の前評判をしっかり抑えてこその安定行動だと思います。

 

 

2 他愛もないことを言う

「はぁ〜腰痛えー」等とりあえずなにか喋ります。映画以外のことを喋ることで暗に"つまらなくはなかったけど、これといって何か語るほどでもない"ということをアピールします。またクレッフィの初手身代わり並みに無難な選択肢なので、1思った通りの感想を言うや、5次の予定に関して話す等に繋げやすいことが特徴です。 僕なんかはあまり話したことない人や年上の人のような少し緊張する場でクッションとして使用します。

しかし単体としては動かしづらく、その後の言動に繋げられないと、場の雰囲気を崩す可能性があるため、恋愛系やシリアスな展開には不向きと言えます。

 

3 無言を貫く

何も喋らず相手の出方を伺います。その後の基本的な立ち回りとして相手の発言に同調しながら当たり障りのない感想を述べ"映画見終わった後の雰囲気"を凌ぎきります。一見、1,2より危険度が低く、"相手に合わせる"という全てのジャンルにマッチした選択肢で、口下手な僕なんかは昔よく使っていましたが、最近「見てどうだった?」や相手も特に喋らず無言が続くなど急所で崩されることがあり使わなくなりました。一緒に観に行く人の性格をしっかり押さえて、「お喋りで感想を述べたがる人」や大人数で自分へ感想を求められる可能性が低い場合などで有効と考えられます。

 

 

4 作画、CGを褒める

僕が最もおすすめする立ち回りです。内容には事触れず、「隕石が落ちてくる作画すごかったよな」や「ダークディメンションのCG綺麗すぎ」等芸術性を褒めます。

作品への興味を一定以上保ちつつ、批判を織り交ぜないことで"自分だけ楽しめなかった"現象を回避します。その後は周りの出方を伺いつつ、内容について中の上程度の評価をつければ勝負アリでしょう。

適するジャンルはアニメ、アクション等少し限られてしまいますが、僕のような冴えない高校生にとって恋愛や刑事ものは遥か彼方別世界のようなものなの切りました。

短所としてはその場凌ぎである作画賞賛が自分の感想になりがちであることです。 僕の場合、君の名はが正にこれで結局「作画良かったなー」くらいの感想しか思いつかなくなってしまいました。雰囲気を乱さないことも大事ですが"自分が何を伝えたいか"見失わないことも大事ですね。

現状、これといった対策も考えられず現環境トップと言っても過言ではないでしょう。

 

5 次の予定に関して話す

「飯どこ行く?」等サッサと次の予定について話します。

一見、2他愛もないことを言うと変わらないように思いますが、相手の返答をある程度限定することができるので分類分けしました。そのまま今後のことを少し話した後、「あの映画どうだった?」とこちらから嗾けることが理想的な動きです(嗾ける(けしかける)の漢字があるの知らなかった)

2の選択肢より強力に思いますが、映画への関心度は2の方が高く、冷めたように感じられてしまう可能性も捨ててれないため、甲乙つけがたい評価です。そのため2より多少知りあった仲や、その後が気まずくなりやすい恋愛系に有利と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

ここまで様々な行動について考察しましたがやはり4が強力故恋愛系を除くと4でOKという場面が非常に多いです。(しかも恋愛系は環境に少ない) 

ピカピカリア充の皆様、僕のような童貞キモオタに「こんな感じで立ち回れると自然だよ!」と意見があったらコメかTwitterまでくれると助かります。

 

↓考察に利用(鑑賞)した映画↓

劇場版アニメ『ガラスの花と壊す世界』Official site

『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』公式サイト

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

映画『聲の形』公式サイト

配信・劇場アニメ「planetarian(プラネタリアン)」公式サイト

映画『君の名は。』公式サイト

ドクター・ストレンジ|映画|マーベル|Marvel|