ブログ_poke

NGワード Twitterでよくね?

やったげーむまとめ(2017/06/27)

智代アフター(key)

AIR(key)

rewrite(key)

rewrite HarvestFesta(key)

CLANNAD(key)

サノバウィッチ(ゆずソフト)

Angel Beats 1st beat(key)

銀色、遥か(tone works)(未完)

アマツツミ(purple software)(未完)

千恋*万花(ゆずソフト)

幼すぎる家庭教師(ピーキー)

Re:LieF(RASK)

夏色恋唄(すたじお緑茶)(未完)

見上げてごらん、夜空の星を(PULLTOP)

Harmonia(key)

サクラノ詩(ケロ枕)

見上げてごらん、夜空の星をFINE DAYS(PULLTOP)

枯れない花と終わる世界(sweetea)

天色*アイルノーツ(ゆずソフト)

君の瞳にヒットミー(戯画)

水葬銀貨とイストリア(ウグイスカグラ)

トリノライン(mimori)

向日葵の教会と長い夏休み(ケロ枕)(未完)

紙の上の魔法使い(ウグイスカグラ)(未完)

しゅがてん!(るせっと)

nine ここのつここのかここのいろ(ぱれっと)

ニュートンと林檎の樹(ラプラシアン)

蒼の彼方のフォーリズム(sprite)

素晴らしき日々(ケロ枕)(未完)

 

以下予定

蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1(sprite)

お家に帰るまでがましまろです(ま〜まれぇど)

景の海のアペイリア(SILKEY'S PLUS)

 

オタクイベント

日曜日にサンクリっていうオタクイベントがあったらしい。好きなサークルが出てたから行けばよかったなって昼間後悔してたけど真白の騎乗位えっちシーンで致してたら気分も晴れました現場からは以上です。(95字)

日記(6月8日(木))

僕の学校火曜日にすごい量の課題が出て6日後の月曜が提出締切なんですよね。

 

それが毎週あるもんだから毎週日曜日に血眼になって終わらせるんですよ。

 

ときどき、というか大体日曜日終わらなくて月曜まで持ち越して授業中こそこそ課題をしてるのが僕です。

 

クラスの大半に興味がない僕ですけど、昨日、授業中に涼しい顔してデッカいノーパソ開いて課題やってる女子に目が止まりました。

 

 

月曜にこそこそやってる僕も彼女も罪の重さ的には同じだけど本質的にはそこじゃないと思うんですよね。久々に「うわこいつ嫌いだ」って思いました。

 

 

今週の課題は明日には終わりそうだし、久しぶりに良き週末を過ごせそうだなって感じです。(301字)

334プレーヤーが教える!明日からできる寝落ちしない10の鉄則!(窓月文庫)

徹夜明けの満員電車、死にそうな眼と満面の笑みで「ニュートンと林檎の樹 録り下ろしピロートークCD」をきいたけど、普通にアンアンうるさいし周りに聞こえてないか不安になったけど快眠できたので良しとします。(100字)

日記2017/06/02

最近買った本の中で『リストカッターをはじめとする自傷行為者は体を痛めつけることで「生」を実感する』とあった。

 

マジで1ミリも理解できなかった。

 

自分が生を実感するのは334で良い順位を取れた時や射精するときであるしわざわざ痛くて辛いことをしなければ「あぁ、生きてる」って思えないのは主観的に悲しいことである。

 

 

以前運動会の途中で自分が出場しない時間に秋葉原まではるばる散歩に行った。そうしたら友達に「授業中に抜け出すなんて許されない」と激しく批判された。

 

僕自身は人に迷惑をかけなければ自分の欲求には正直でいたいので、ことを問題視していなかったけど彼にとっては大問題らしい。

 

もちろん点呼に一度遅れたので多少は迷惑をかけたが、それでも自分の欲求に比べれば「しょうがない」で済ませられることである。ダブルスタンダードであるが我を通すのに犠牲はつきものである。

 

 

最近本当に他人の意見が聞き入れられない。

言いたいことはわかるけど「へえ。そんな思考してるやつもいるんだな」って思うことしかできない。運動会中抜け出したことを咎められても、僕自身罪の意識は無いに等しいしリスカしてる人の考えてることなんてますます分からなくなるばかりである。

 

 

似たようなことを親しい友達にSkype越しに話したら「頑固になったな」と鼻で笑われた。

少し考えてみたが数年前は友達や本にすぐ影響されていた気がする。おそらく頑固になったのではなく情報の取捨選択ができるようになったのだろうと思いたい。ちなみにその日のポーカーはだいぶ負けた。

 

 

 

 

 

最近何も不幸を感じないような生き方をしていたが久々に自己嫌悪を感じた。

なにをどうしたという話だが3日連続で寝落ちしただけである。

しかし自分にとっての幸せはテキトーTwitterをすることと深夜にげーむや334することである。中間テストより前は当たり前のように「5連勤のうち2日間徹夜」みたいなことをしていたが何故かできない。

 

楽しみにしていたことが不本意にも自分のせいでできないことにも、なかなかに落ち込むが、なにより「昔できたことができない」ことが精神的苦痛である。

 

中学三年生の頃は23時に寝て26時に起きるなんてことをしていたけど今では不可能もいいところである。高1の頃は毎日334ぐらいまで起きててもなにも問題はなかった(授業は今より寝てたけど)。

 

以前出来ていたことが出来ないのは成長が右肩下がりであって、これからも出来ないことが増えていくだろうと考えられる。老人がオムツを履くのを嫌がるのもかなり頷ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は334しますか。(1117字)

まどつきハウスレボリューション

突然だが自分の部屋が好きだ。

 

所謂インドアなのだが自分の場合インドア派のそれでも上位層に値する自信があるります。

 

どのくらい自分の部屋が好きかと言うと自分の部屋じゃないと安心してオナニーもできませんし安心してえっちな本も読めません。

 

さらに自分の部屋だとリラックスしすぎて『おちんちんをっ!抱き枕カバーのっ!お腹のところに当ててっ!(以下略)』とか自然に叫んでしまいます。

 

バレンタインに友達と遊園地に行ったときは「自分の部屋のベッド」で横になる素晴らしさに気づきましたし、3月の末の岐阜旅行で久々に泊りがけの旅行をしたときは夜な夜な自分のベッドをさがし徘徊していました。

 

 

していませんでした。

 

 

 

中学2年生くらいまでは兄弟で共同部屋でしたが引っ越してからは1人部屋を持ちました。

 

自分の家族はみんな掃除せずリビングとかは四六時中散らかっていますけど、僕の部屋だけはそれ相応に片付けていました。

 

数ヶ月に一回ペースに家具の配置をあれやこれやと変えたり、バイトを始めてからは新しい家具を買ってきたので圧倒的に模様替えの頻度が高いです。

そんなわけで""まどつきハウス""の変遷を見て頂こうと思います。まず一枚目。

 

 

 

f:id:mdtkus:20170521042702j:image

日付は写真に適当にはっつけました。ちょうど1年前ですね。部屋は六畳でまどは写真に写ってる部分と写真に写ってない後ろ側に一箇所。写真右奥がドアですね。

おそらくベッドの上から写真を撮ったのですがこの頃はまだベッドで過ごすこともそこまで多くなかったと思います。写真手前に見える"ベッドテーブル"(入院患者が使うあれ)にパソコンをかまえて使ってたと思います。「パソコンを座って使ってた」ということが懐かしい。

 

 

 

 

 

f:id:mdtkus:20170521043319j:image

f:id:mdtkus:20170521043910j:image

さっきの写真の対角線上、ドアから一枚。ベッドと棚の位置が変わっています。加工してパソコンの画面を隠しています。理由は聞かないでください。本棚の上に置いてたカラーボックスを横につけて壁を大きく見えるようにしました。部屋が広く感じます。ちなみに手前のビックロの紙は紙ゴミです。紙袋に入れてまとめてました。画面右上は気にしないでください。さい。

 2枚目は冬に撮りましたがほぼ同じ家具配置です。この頃はベッドからテレビ(アニメ)を観れることを強く意識していたと思います。

 

 

 

 

 

 f:id:mdtkus:20170521044025j:image

半年すぎて冬になります。ベッドと写真右手の窓との間にスペースを空けて先程言ったベッドテーブルをおいてます。テレビの手前ですね。このころからベッドで勉強するようになりました。窓の前のシェルフにノーパソを置いて、使うときはベッドに置いて使ってました。ちなみにこの頃は床オナ始めてから数ヶ月といったところですね。

 

 

 

 

 

f:id:mdtkus:20170521044431j:image

春になって冷蔵庫がきました。ほぼ同じ家具配置でベッド横につけました。この頃から家族から寝たきりと囁かれることになりました。

 

 

 

 

 

f:id:mdtkus:20170521044625j:image

4月です。この後はベッド周り以外の家具の位置はそこまで変わりません。というかベッド以外では過ごしてません。

写真は以前ブログにあげたことがあると思います。この頃からベッドサイドテーブルにコップを置けるようになりましたし寝たまま冷蔵庫に手が届きます。

この頃からベッドでパソコンをする上で、ベッドの縦幅が狭いことが気になり出します。やっぱり膝を曲げないといけないのが億劫ですね。

 

 

 

 

 

f:id:mdtkus:20170521045006j:imagef:id:mdtkus:20170521045232j:image

そこで編み出されたのがベッドサイドテーブルをベッドの上に置くという案です。ちなみに日付は4.13ですねミスです。ベッドの向きも90°回転して部屋の奥につけてます。これだと部屋に入って一度も曲がらずにベッドに入れます。

ちなみに二枚目はベッドから撮った写真です。机の上が散らかってますが後許しを。

これでも十分怠惰に過ごせますがテレビが少し見にくいのとパソコンのモニターがもう1つ欲しいと思うようになります。げーむをしながらレポートをするのに画面が狭いんですよね。そして最終形態です。

 

 

 

 

 

f:id:mdtkus:20170521045616j:image

本棚をもう1つ購入し幅ギリギリのところでベッドの縦につけます。そしてテレビをモニタ代わりに使います。時計も見やすい位置まで下げました。ベッド周りの配線も整えて、エアコンも購入。一週間後設置工事を行います。

 

もはやここはもう…""楽園""ではないのでしょうか…。いや、エアコンが来てからは楽園を通り越して""世界の中心""ではないでしょうか。今なら僕が和泉紗霧と主張しても曲がり通ると思います。

 

それでは。(1886字)

日記(0029/05/11 7午前5:42:15)

サクラクエストとかSIROBAKOとかその他アニメゲーム、TLの社畜、学校で取り扱ってるスティーブジョブズの話とかほか多数の場面で出てくる「仕事」の話。“仕事=生きがい”というイメージを全面に押し付けられている。

 

しかしそれらのほとんどは最終的に“仕事で成功を収めた”人の話であって、仕事が好きであったり、好きを仕事にした人たちである。

 

しかし自分にとって生きがいとは、意味もなく夜ふかしして翌朝後悔したり、よく分からん動画をとったり、TLで空中リプを送り合う日常であり「非日常的な何かやりたいこと」を「成し遂げること」ではなく「毎日の日常」それ自体に「楽しみを見出すこと」である。

 

僕にとっての仕事や勉強とはやりたくないことでありtaskであり余計なものである。

 

だからといって仕事や勉強を疎かにしていたら後々自分にとっての楽しい時間が減ることになるから頑張らないわけじゃない。

 

でもそれらを楽しんだりそれらのために生きるのは夢のない自分とは程遠い話だなってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これマストドンで良くね?(475字)